需要曲線と供給曲線

presented by P-suke

トップページ > ミクロ経済学目次 > 需要曲線と供給曲線 1 2 3 4 5 6



6.需要曲線のシフト・供給曲線のシフト

需要曲線のシフト1 需要曲線のシフト2 需要曲線のシフト3

この節では需要曲線のシフト、供給曲線のシフトについて説明します。初めに需要曲線のシフトについてです。太郎君は今所得を1000円持っています。アイスクリームが100円ならアイスクリームを1つ買い、80円なら2つ、60円なら3つ買おうと考えています。これが右の図の需要曲線です。今、太郎君のお母さんが太郎君に1000円を渡して、「好きなものを買ってきなさい」と言ってくれました。この時、太郎君はアイスクリームが100円の時、3つ買うことにし、80円なら4つ、60円の時5つ買うことにしました。このように、同じ価格でも、所得が増えるなどの要因があれば買う量(需要量)が変わることもあるはずです。太郎君のアイスクリームの需要量は右上の図のように100円の時は1つから3つへ、80円の時は2つから4つへ、60円の時は3つから5つへ変わったはずです。(右の図をクリックしてください。)そうすると太郎君の新しい需要曲線が100円の時3つ、80円の時4つ、60円の時5つを通るように作られるはずです。余分な点や破線を取り除きましょう。(右の図をもう一度クリックしてください。)そうすると、需要曲線がからへと「右シフト」したと捉えられます。つまり、所得が上昇したことで需要曲線が右にシフトしたのです。これはつまり、所得が上昇したこと(価格以外の要因が変化したこと)で、同じ価格でも需要量が増加したためです。反対に価格以外の要因が変化したことで、同じ価格でも需要量が減少するということが起これば、需要曲線は左にシフトします。

しかし、注意してほしいのは所得が上昇したからといって、需要量が増加するとは限りません。もしかすると所得が上昇したために需要量が減少する財もあります。需要量が変わらない財もあります。所得が上昇したために需要量が減少する財の例をあげると、インスタントラーメンやマーガリンなどです。所得が少なくなったためにインスタントラーメンの消費が増えたという経験や、バターを買いたかったけども、あまりお金を持ってなかったから、マーガリンの方が安いためにマーガリンで代用したなんて経験がありませんか?私はそんな経験があります。このように所得が増加したために需要量が減った(言い換えれば、所得が減少したために需要量が増加した)という財があります。このような財を劣等財または下級財といいます。一方、所得が増加したために需要量が増加する財(所得が減少したために需要量が減少する財)を正常財または上級財といいます。また、所得が増加や減少しても需要量が変わらない財を中立財といいます。(トイレットペーパーなど)

所得の他にも需要曲線をシフトさせる要因があります。買い手の数の変化、好みの変化、将来の価格への期待の変化、代替材の価格の変化、補完財の価格の変化などです。代替材と補完財については次の章で説明します。買い手の数は増えると(市場の)需要曲線が右にシフトします。買い手の数が減れば(市場の)需要曲線は左にシフトします。理由は簡単で、買う人が増えたために、需要量が増えたということです。次に好みの変化についてです。例えば、バナナにダイエットの効果があると報道されれば、人々はバナナを買うようになるでしょう。つまり、人々のバナナに対する好みが変化し、同じ価格でも需要量を増やした(需要曲線が右にシフトした)のです。次に将来の価格への期待について説明しましょう。人々は将来価格が安くなると期待すると今買わなくなり、将来価格が上昇すると期待すると今買おうと思うのです。例えば、スーパーで買い物をしているときに目の前においしそうな牛肉があったとします。価格は500円でした。ちょっと高いと思いましたが、あまりにもおいしそうなので買おうとしました。その時、ふと隣の豚肉売り場を見た時に、店員さんが豚肉に半額のシールを張っていたとします。あなたは、牛肉を今買いますか?私だったら、もしかしたら、牛肉にも半額シールを張ってくれるのではないかと期待して、まだカゴに入れずに待っておきます。このようにして、将来の価格が安くなると期待すると、今の需要量が減少します。つまり需要曲線が左にシフトします。また将来の価格が高くなると期待すると、今買っておこうと思いますから、需要曲線が右にシフトします。これらが、所得以外の要因の変化が需要曲線のシフトに与える影響です。

たまに、「需要曲線が右シフトする理由を挙げなさい」という問いに対して、「価格が下落すること」と答える人がいますが、価格の下落はシフトではなく、需要曲線上の動きですので間違いです。


目次に戻る    前のページへ    次のページへ